猫のパトロール

きく かぐ なめる 
<< おめでとう | main | 東京 ニヒル牛2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ひと箱市終了!

息子を連れ、planter cottageでのひと箱市に参加した。
夏ぶりにやってきた国立の駅に降り立つと、またもや息子の驚異の記憶力が発揮された。
「ああ、ここ。前きたよね。M坊に駅まで送ってもらったっしょ。」
大正解。

planter cottageに着くと、さっそく息子とKちゃんは、はしごを登って2階できゃっきゃと遊びはじめた。皆さんもお相手をして下さったし、お客さんのお子さんが来るたびに
「一緒にあそぼー!こっちおいで〜」と手招きしてみんなで楽しく遊んでくれるのでとても助かった。
子連れ出店者には本当に有り難い空間だった。

他の方達の作品をじっくり見たり、作家さんやお客さんと刺激的なお話をして、あっという間に時間が流れた。わたなべいくこさんの作品を初めて見た。素敵すぎて、ひっくり返りそうになった。パワーがこもっている上に可愛らしい作品。わたなべさんもそういう方なのかな。同じくらいのお子さんがいて、赤ちゃんをおんぶしながら手芸に燃えた、という同じ経歴の持ち主だった。

自分の作品についてオススメしたりすることがどうも苦手で、
そんな時はRECHOのリョウコちゃんがいつもニコニコと助け舟を出してくれて、助かった・・・。
リョウコちゃんの帽子やバックは生活と作品がセットになっているようで今回も素敵だった。
それにしても!私にとって居心地の良い空間だと、私が気持ちが良いだけでなく、私が作ったものも堂々と並んでいる気がする。当たり前のことかもしれないのだけど。

夜の打ち上げには美味しい物が山盛り並べられて、感無量。
皆さん、お料理の腕もスゴイ。乾杯して、あれもこれも全部食べて。
主催者の森のしずくの皆さん、とても暖かく元気な方達で、親子で本当によくしていただいた。
大人も子どもも、いつもこんなに楽しくやっているの?!そういうことも、とても刺激になった。
ここでは色々なワークショップも開催されているようで、機会があったら私も参加してみたい。

息子の帰りたくないコールが出たのをいいことに、私も楽しく長居をしてしまった。
息子が駅まで歩くのもふらふらの状態になり、それでもなんとか歩ききって力尽き、
駅のホームで立ったまま爆睡してしまった。
19キロを担ぐ肉体労働で、アルコールが汗となってどんどん抜けていく。
楽しさの余韻か、作っているものが小さくて良かったなあ・・・などとアホなことを考えたりした。




| 手芸 | 23:55 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
PROFILE
メールはこちらへ
nyagonyago96neko【at】yahoo.co.jp

RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK